mofflog

---人生の3%ぐらい役立つブログ---

ネットで収入を得るなら兼業・副業スタイルが一番最強だと思う

副業

こんにちはもっふるでs

 

最近ではブログやYoutubeでの動画投稿など個人でもインターネットを通じて収入を得ることができるようになりました。

 

最近ではYouTuberなども世間的な認知が高まってきていて、トップ層は専業でもプロリーガー並みの収入がありテレビでもそのセレブ生活を目にすることがありますよね。

 

それほどインターネットを通じたビジネスモデルは世界中で注目されていて、副業としてブログや動画投稿、フリーランスなどを始める人もグンと増えました。なかでも最近の人口爆発は目覚しいものがあります。

 

人口増加の理由
  • ・はじめるのが楽
  • ・コストが少ない
  • ・個人でも行える など

 

などほかの事業を一から始めるとなると資本金や約款など必要ですし、運営する際のコストなども初めから多くかかりますが、ネット収益の場合はそれらのめんどくさい手続きも要らないしコストも少なく趣味の延長のような形で誰でも簡単にはじめることができます。

 

最近人気のトレンド
  • ・ブログ
  • ・動画投稿
  • ・SNS など

 

これらはどれも無料ではじめることができプラットフォーム自体も完成していてかなり多くのユーザーを抱えているので目に留まりやすいのも利点です。

 

それらを行うモチベーションとしては単純に自己顕示欲を満たしたいという人もいるだろうし、収入を目当てで始める人などさまざまです。

 

ぼくのこのブログの場合だったら日々の生活で得た知見のアウトプットで記憶の定着を図るためという備忘録的な使い方をしているのですが、それでも設置した広告などで収益は発生しています。

 

ぼく並に適当に運営している人でもそれなりに収益が入ってしまうので、本気でやっていてうまくいっている人はきっとかなりの収益を得ているのだと思います。

 

なのではじめは副業で始めたつもりが専業にシフトしてた話も多く聞きます。

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ 人気ブロガー養成講座

 

 

しかし最近では副業としても始めずにいきなり会社を辞めて、完全に収入源から絶たれた状態で背水の陣のような感じで新たに始める人がいます。

 

たしかに急成長している市場ではありますが決して安定しているわけではないのでかなりリスクの大きな選択だと思います。

 

専業で始めるリスク

リスク

ガッツリ本腰を入れてを入れたいという人は自由な時間が多い専業が向いている可能性があります。

 

なのでうまくやっている人は多いですが、それは一部の話です。しこれからの市場の状況も考えてみると専業には結構リスクがあります。

 

不安定

比較的にこの業種はGoogleやYoutubeなど広告プラットフォームに依存する部分が大きいので状況は安定しているとは言い難いです。

 

たとえばアルゴリズムが変わって自分のコンテンツが表示されなくなったり、人気があっても広告にふさわしくないとして収益を剥奪されることもあります。なのでものすごい稼いだ月とそうでない月の差が大きかったりします。

 

運営リスク
  • ・検索順位が下がる
  • ・不適切なコンテンツになる
  • ・すべて自己責任

 

収入は年間ベースで計算され、それによって所得税なども変わってくるので安定した収益がコンスタントでないと計算なども面倒くさいことになります。

 

このように変化の大きい環境にいると自分の精神状態も不安定になります。

 

そのような状況が続くと体調を崩したり、ストレスでやられてしまうことなどもあるのでメンタル面でも強くないとやっていられません。

 

ノウハウが無い

これは副業からとかではなく、会社が辛いからとりあえず辞めて現在急上昇しているネット系のビジネスを始めようとする人もいますが結構リスクが大きいです。

 

理由としてはブログなど簡単に始められるイメージが強く、始めること自体は確かに簡単です。

 

しかしその後にクオリティの高いコンテンツを量産して、収益水準を安定させながら運営するのは並大抵の努力ではできません。

 

必要な能力
  • ・企画力
  • ・ライティング力
  • ・営業力 など

 

始めてから実際には向いていなかったなど適正などもわかってくるので、いきなり本業として一本でやっていくのはかなり難しいと思います。

 

なので会社を辞めること自体はよいですが、その後は自由な時間が確保できそうな企業にとりあえず転職して、そこから兼業として始めていくことをお勧めします。

 

最近の小学生の夢はYouTuberになりたいというものも増えていますが、それ一本に絞って進むのはかなりリスクがありそうですよね。

 

小学生の夢ランキング
  • ・1位:スポーツ選手
  • ・4位:ゲームエンジニア
  • ・6位:YouTuber

 

もちろん小学生の夢なので冗談半分でも聞けますが、これからの時代本気でそのような業界を本気で目指す人もより増えていくと思います。

 

夢を追い続けるのは素敵なことですが、夢を追い続けられる環境を作るというのも夢をかなえる上ではとても重要です。

 

孤独

基本的にこれらの作業は一人でパソコンの前で黙々とやる仕事なので周囲とのコミュニケーションも少なくなります。

 

コミュニケーションはメンタルヘルスにおいても重要なもので、少なくなるとうつ病などのリスクもあります。

 

また一般的に社会人として働いている人との生活リズムや価値観のズレを感じて孤独感を感じることもあります。

 

また専業は自由な時間が多いというイメージがありますが実際にスケジュールをマネジメントしていくことはかなり大変なことです。

 

孤独のデメリット
  • ・世間に疎くなる
  • ・メンタル疾患のリスク
  • ・自己マネジメントが難しい

 

自由な時間があっていつでも働ける分、自分で仕事を抱えすぎてしまうと結局会社員時代よりも多くの時間を働かなければいけないこともあります。また生活習慣も乱れがちになるので健康を崩してしまうこともあるので注意が必要です。

 

兼業で運営するメリット

ビジネスマン

なのでぼくはネットで収入を得たいと思っているひとは売れても売れていなくても本業を軸とした副業ベースでやる兼業をお勧めしています。

 

しかし会社によっては副業を禁止していたりするので会社の就労規則などを確認しておきましょう。

 

安定している

本業で仕事をしていることによって安定した収入源を確保することができます。

 

少ない給料だとしても月にコンスタントで給料があることによって副業をするうえでの安心感・安定感がぜんぜん違ってきます。

 

コンテンツを作成するときは人にもよりますが、安定感を感じているといつも以上のパフォーマンスが出せることがあります。

 

逆に不安定な状態だとコンテンツを作成する上でも不安や焦りなどが先行してしまって満足いくものが作れないこともあります。

 

なので安定感はいろいろな面でも重要なポイントとなっていてなるべく不安定感を出さないためにも安定した収入源をひとつは確保しておいたほうが良いでしょう。

 

ネタが尽きにくい

社会人として生活していると日々何らかの刺激があるので仕事上で得たノウハウやフラストレーションなどをコンテンツとして発信していくことができます。

 

逆に専業で孤独な状態だと得られる情報も少なくなってしまいますし、コンテンツを生産する上で重要なネタ(アイデア)がでにくくなります。

 

あと個人的な話かもしれませんが会社などでフラストレーションがあると副業に対するモチベーションも高くなります。

 

なので毎日ブログを更新したい人は専業というよりかはむしろ兼業でやっている人のほうが向いているのかと思います。

 

スキルアップにもつながる

ブログや動画投稿などを行っていると思わぬ副産物があり、それがライティングや動画編集のスキルです。

 

趣味で始めて始めはぎこちなかったものが続けていくうちにスキルアップすることがあります。

 

スキルアップにつながる例
  • ・ライティング
  • ・企画力
  • ・プレゼンテーション など

 

それらで得たスキルが実際に本業の仕事の業務上で役立つこともありますし、転職活動をする際も技術のポートフォリオとして提出することもできます。なので双方向でシナジー効果を生みやすいのも兼業をお勧めする理由のひとつです。

 

まとめ

たしかに最近のネットビジネスの市場は広がり続け、今後も成長する可能性を秘めています。

 

なので最近では新規で参入する個人も増えてきていて、副業規定の改訂などもあり今後も参入者は増えていくことが予想されます。

 

なのでなかには副業としてではなく、ガッツリ専業としてやっていきたいという人もいると思います。

リスクゼロで小さく起業 会社を辞めずに「あと5万円!」稼ぐ

リスクゼロで小さく起業 会社を辞めずに「あと5万円!」稼ぐ

 

 

しかしいきなり専業として始めるのはあまりにもリスクが大きいですし、仮に成功してもその状況が安定する可能性は保障されていません。

 

不安定な状態でいることはコンテンツの作成や健康状態においても悪い状態があり、逆に言えば本業で安定した収入を得ながら副業に打ち込むことによって専業として始めるよりも兼業のほうが成功確率が高い可能性もあります。

 

結局は人の向き不向きということも言えてしまいますが、リスクを一番回避して誰にもおすすめできるのがやはり兼業というスタイルだと思います。

 

なのでこれから始めようと思う人は自分の適性を見つけ、自分にあったスタイルでがんばってみてください(o・`ェ・o)ノ