mofflog

---人生の3%ぐらい役立つブログ---

個人輸入のトラブルで税関で止められたらどうしたら良いのか

輸入

こんにちはもっふるでs

 

最近ではインターネットの発達によって日本にいながらも海外のショップでお買い物ができる用意なりました。海外のショップも結構日本への発想に対応しているところが多いので便利な時代になりました。

 

ぼくも海外のサイトでよく服などを買い物などしていますが買い物の幅も以前より広がり買い物自体も楽しくなりました。

 

海外での買い物はすべて個人輸入

個人輸入

海外のサイトで購入すると普通にいつも通り買っているだけでも「個人輸入」という形になります。個人輸入というとなんだか大げさに聞こえますがそんなに大それたものではありません。

 

しかし個人輸入をする際には普通の買い物とは違うという点もあります。例えば送料なども海を越えるため高くなったり、法律が国によって違うので手配できないなどといったケースが多くあります。

 

個人輸入の特徴
  • ・関税がかかる
  • ・送料が高い
  • ・客が厳しい など

 

実際に海外に旅行して買えりの手荷物検査でも何かしらに引っかかってしまって没収された人もいると思います。

 

このように個人輸入には普通の国内の買い物とは違い細かい規約が多くあります。それらは日本人の体質の問題や政治の問題など原因は様々です。

 

規約が厳しい理由
  • ・日本人の体質上
  • ・日本の法律上
  • ・国際条約上 など

 

ぼくも現に個人輸入をして税関でストップしたケースなどがあったので今回は税関でストップされやすいものとどうやって対処するかなどを紹介していきます。

 

税関で引っ掛かりやすいもの

立ち入り禁止

個人輸入では商品が国に到着したらそのまま配達業者に行くのではなく税関いうところを通ります。

 

税関では国内に取り締まるために設置されていてラベルやスキャンなどを通して商品が国内に入っていいものかどうかが検査されます。あまりないですが箱を開けられることなどもあります

 

もちろん税関に引っかかるケースは普通の買い物なら少ないと思います(ゲームや本など)。しかし中には引っかかりやすいものなどもあります。

 

サプリメント・医薬品

日本人と外国人では見た目もそうですが実際に体質的な違いも大きくあります。なので海外のサプリなど流行っていますが中には日本人に合わない成分などもあります。

 

そのように規制されている成分などが使われているものだと発送時にキャンセル、または税関でストップしてしまう場合あります。

 

ストップされやすいもの
  • ・認可されてないサプリ
  • ・コンタクトレンズ
  • ・医療機器 など

 

これらの規約は薬事法・薬機法という法律によって決まっています。しかし規制の対象でも医療従事者のみ購入可能や販売は不可能だが個人使用に限るなどの制限がある場合もあるので一概に不可というわけではありません。

 

しかしそれらは税関に通す前に購入者の連絡先にチェックの連絡(メール・電話)が来るので対処する必要があります。

 

まがい品・コピーブランド

海外で販売されている商品の中には格安で売られている偽ブランド品などもあります。そのようなものもチェック対象になります。

 

これらは商品の知的財産権や商標権を守るための規制でたとえば勝手にブランドの名前などを使用している服などがこれにあたります。

 

日本国内では割としっかりしているほうですが中国などの商品になってくると結構このような商品が打ってる場合が多くみている分には面白いですが購入しないことが賢明です。

 

これらも知らず知らずのうちに購入してしまう確率が高いかもしれませんが、税関で引っかかってしまった場合最悪没収・廃棄される可能性があるので販売元はしっかり調べておいたほうが良いでしょう。

 

国交を断絶している国家の原産の商品

これはほかのブログの方の体験談を拝見して知ったのですがイギリスのサイトから購入した場合であっても日本と国交がない国が産地の場合は購入できない可能性があります。

 

日本が承認していない国
  • ・北朝鮮
  • ・パレスチナ
  • ・南オセチア共和国 など

 

このような日本にとって国交がない未承認の国が作成した商品は国内に入れることは難しいので差し止めになってしまうケースが多いです。

 

なのでイギリスやアメリカのちゃんとしたサイトなどであってもその商品の産地などはしっかり確認しておく必要がありそうです。

 

国際条約で管理されているもの

日本の条約だけではなく世界で定められている国際的な条約も輸入する際にはしっかり目を通しておく必要があります。

 

たとえば有名なものにはワシントン条約というものがあり、これは希少な植物や絶滅危惧種の素材などを保護するために制定された条約でそれらの輸入は禁止・制限されています。

 

たとえばワシントン条約ではハカランダという木材も指定されていて、これらはギターの指板の素材とも知られていて、昔にはハカランダ素材のギターも日本に輸入されていました。

 

しかし現在ではハカランダに記載が入ったのでそれを原料としているギター・製品なども輸入することはできなくなってしまいました。

 

これらはまず国外発想の時点でストップする可能性が高いですが仮に日本に到着しても送り返されてしまうでしょう。なので原料に何が使われているかも注意する必要があるかもしれませんね。

 

その他法律で禁止されているもの

これは確信犯であるケースが多いですが、覚せい剤や児童ポルノなど明らかに法に触れている商品を輸入したものは確実に発見・廃棄されます。

 

また悪質性も高いので当局から連絡・刑事罰などがある可能性もあります。なのではじめからこのような商品は絶対に購入しないようにしましょう。

 

最近ではダークウェブなど匿名性の高いものもでてきていますが商品が発送された時点で送り先などから情報が割れてしまうので決して安全とは思わないようにしましょう。

 

そのあとの対処

f:id:moffle8:20190704184255j:plain

いかにも犯罪的なものを除けば、ほとんどはよくわからなかったというケースがほとんどで悪質性も少ないので捕まるとかそういうことはないのでまずは安心しましょう。

 

しかしそのあとの対処が面倒くさかったりお金などがかかる場合があるのでそれらも紹介していきます。

 

確認作業

サプリなど一部の商品の場合はすべて禁止されているわけではなく、個人使用や量など条件によっては輸入できる可能性もあります。

 

しかし税関前に申請が必要で取り扱い業者から事前に用途などや厚生省に認可されているかなどを確認して伝える業者に必要があります。

 

そのようなときはしかるべき団体(厚生省窓口など)に連絡を取るようにしてその商品が使用用途などを伝えて輸入の可否を問い合わせてその結果を業者に伝えるようにしましょう。

 

返品作業

購入した商品が実際に輸入できないと判断された場合には残念ながら手にすることはできないので廃棄か返品の作業が必要です。

 

購入にしたサイトによっては返品を受け入れているところもあるので、サイトから返品手続きをしてその旨を業者に連絡するようにしましょう。

 

返品には送料がかかってしまうことがありますが、返品が受理された場合は返金などにも応じてくれるので比較的損失は少なくて済みます。

 

しかしサイトが英語だったりカスタマーサービスも英語だったりするので英語をある程度理解できないとちょっと難しくなってきます。

 

廃棄依頼

商品が輸入できず税関でストップし、返品もできないような場合なら最終的な手段として廃棄が行われます。

 

たいてい業者でも保管期間が決まっていてそれが切れてしまうと自動的に没収・廃棄となってしあうのでどちらにせよ一か月以内には何かしらの連絡を入れておいたほうが良いと思います。

 

また大口の荷物だと廃棄に別途に費用が掛かってきたり面倒くさいことも多いので大口の買い物には注意が必要です。

 

今後の買い物の注意点

f:id:moffle8:20190717211640j:plain

リスクのある買い物は避ける

日本ではなかなか手に届かないものが購入できるというところも個人輸入の魅力の一つですが、やはり医薬品などリスクのある商品は避けたほうが良いと思います。

 

万が一買えたとしても手に届くまで手続きなどめんどくさいことも多いのでそういうのが嫌な人はよく確認してから購入する必要があります。

 

なので個人輸入を行う際はこの記事も参考にしてもらってリスクの高そうな商品は避け、無難なもの選ぶのが得策ですね。

 

代理業者を探す

個人輸入は誰でも手軽に行える分、税関時や発送時にトラブルなどがあると言語なども異なるため戸惑ってしまうことも多くあります。

 

そういうときにはそのような輸入に関するサポートなどを代わりによってくれる代理業者を使うのが良いと思います。

 

サービスの分お金も少しかかってしまいますが万が一にトラブルの際も代わりに対応してくれますし、購入者にとっても負担が少なく安心して買い物をすることができます。

 

もちろん代理業者にも良い悪いなどあるので事前にレビューなどを参考にして良さそうな代理業者を見つける必要があります。

 

日本の販売代理店を探す

わざわざ自分から輸入する作業を行わなくても、輸入商品を取り扱っている国内業者などもたくさんあるので海外サイトから探す前に国内サイトから探すのも良いと思います。

 

海外の商品でも結構日本のサイトで売っている場合なども多いので値段が若干高いというのはありますがトラブルなどが少ない分こちらのほうが良いかもしれません。

 

まとめ

個人輸入には日本に発送している業者も多く昔と比べてもずいぶん買い物の幅が広がりましたが、国外とのやり取りのためトラブルも多くあります。

 

海外商品には日本に持ち込めないものなどもあるので事前に概要を確認しておく必要があったり、トラブルの対応など面倒くさいことも多いです。

 

また輸入には個人で直接買う以外にも代理業者を陥るなどほかにも選択肢があり、そちらを用いたほうがトラブルなども未然に防げる可能性が高いです。

 

国内で変えないものが買えるというのが個人輸入のメリットになりますが面倒くさいことなどもあるのでこの記事を参考にしてもらってリスクのある商品はなるべく避け楽しくオンラインショッピングを楽しんでみましょう。